• 文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は2年経った今も収束が見通せません。第6波では多くの感染者が確認され、児童生徒への感染も拡大し高止まり傾向となっていますが、3回目のワクチン接種、満5歳以上のワクチン接種も始まったことから、これらを機に早期の収束を願うものです。

また地方独立行政法人 市立大津市民病院の医師の退職に関する一連の報道に関し、市民、患者の皆さまにご心配をおかけしております。今後の医療提供体制について説明を求めているところであり、このほかにも市政においては多くの課題が山積していますが、わが湖誠会は常に問題、課題の解決に向け精一杯取り組んでいるところです。

このような中、2月21日に開会した2月通常会議では56議案が提出され、当初予算案は「夢があふれるまち大津」の実現に向けた予算と位置付け、新型コロナウイルス感染症による厳しい影響から、市民の命と暮らし、事業者の営みを守るための取組を継続的に実施するとともに、ウィズコロナ社会を見据え、大津市総合計画第2期実行計画リーディングプロジェクトに沿ってこれから本格的に直面する少子高齢化社会への移行、時代の変化に沿った取組として活力ある地域づくりの推進・デジタル化への対応・グリーン社会の推進と3つのテーマの横断的・相乗的な取組の推進に向け編成され可決成立しました。

湖誠会では、引き続き新型コロナウイルス感染症対策に取組むとともに、安心して子育てができる環境づくり、安心して日々楽しく暮らせる健康長寿社会の実現や道路インフラ整備、社会保障や教育環境の充実に向け取組んでまいります。

今後とも、湖誠会並びに会派所属議員に対しまして、さらなるご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。

幹事長 近藤 眞弘

湖誠会へのご意見・お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

メールはこちらへ

最新情報
→2022年3月26日
議会活動 会派広報ページを更新いたしました
→2022年1月14日
議会活動 会派広報ページを更新いたしました
→2021年10月27日
政策要望 ページを更新いたしました