• 文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

Flashをご覧になれない場合イメージ画像が表示されます

錦秋の候、市民の皆様には、平素より、湖誠会に対しまして温かいご支持、ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、去る9月通常会議では、平成27年度の各会計決算をはじめ、大津市総合計画基本構想や補正予算など計42議案を審議いたしました。決算の審議では、厳しい財政状況の中、重点施策の着実な実施と健全財政の堅持が図られた結果、実質収支は、昭和53年度以降、38年連続の黒字となりました。今後とも、最小の経費で最大の効果が得られるよう行政の監視機能を果たしてまいります。

また、総合計画基本構想は、少子高齢化が進行し、人口減少局面を迎えつつある本市の将来像を「ひと、自然、歴史の縁で織りなす住み続けたいまち大津再生」と掲げ、本市の自然や歴史をまちづくりに活かし、持続可能な都市経営を目指すというもので、将来のまちづくりの方向性を示す大変重要な計画であります。今後も基本構想に基づく実行計画等について議論を深めてまいります。

一方、来年4月から大津市民病院及びケアセンターおおつが地方独立行政法人化されますが、安定した経営基盤を構築し、引き続き市民の皆様に必要とされる医療を継続して安定的に提供できるよう求めてまいります。

湖誠会では、大津市に住んで良かったと思ってもらえるまちづくりを目指し、17名の議員が一丸となって全力で取り組んでまいりますので、今後とも、湖誠会並びに会派所属議員に対し、変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつといたします。

幹事長 竹内 照夫


湖誠会へのご意見・お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

メールはこちらへ

お知らせ
→2016年11月30日
会派活動ページを更新いたしました
→2016年10月30日
議会活動 会派広報ページを更新いたしました
→2016年10月11日
会派活動ページを更新いたしました
→2016年9月7日
会派活動ページを更新いたしました